ナイトワーク

ナイトワーク2話【ホストの最初の面接は逃げました】

ホストクラブへ面接へ


求人雑誌を見て
いざ
ホストクラブに
面接をお願いして
いくんですが

エレベーターを、降りて
店の前までは、行ったんですが

ホント、こういう世界
初めてで

最初は
ヘタって、しまい
面接に行く事が
できませんでした(^_^;)

そして、数日後に
再チャレンジして

次は違う店で
応募の電話すると
次は
心斎橋の6番出口で
待っててと言われたんですが

長堀橋の6番出口で
待ってて、しまいました(^_^;)

心斎橋からは
結構、遠いですね

それでも、2人のホストの方が
来てくれましたね

そこから、お店に向かうんですが

店に
行く途中に1人の人が

いきなり、キレイなお姉さんに
声、かけにいくんですよ

そんな光景
見た事なかった
僕は、

は?なんなん!?
やばい、やばい
と、動揺しながら
見てたら
番号、聞いてきたわと

言われ、スゲーて
思いましたね(笑)

そんなん、見せられたら
その店で、もう働きますよね(^^)

まあ、当時の僕でしたら
どんな、お店でも
雇ってくれるとこがあれば
働いてたでしょうね

イケメンホスト


そして、お店に着くと
圧倒的な存在感の人が
いました

もう、誰が見ても
ホストて、わかる
イケメンがそこには、いましたね

過去にベッカムを見たときとは
また、違ったオーラでしたね

そして
その人が
面接をしてくれましたね

イケメンホスト
『いつから働けるの?』


『今日から行けます。』

即日から働く事にしました

初日は
派手なスーツを貸してもらいました(笑)

今じゃ、着れません

イケメンホスト
『じゃ、みんなのとこ案内するわ』

心斎橋商店街まで
ロングコートで
颯爽と歩く、イケメンホスト

商店街に着くと
5.6人が
キャッチをしてましたね

イケメンホスト
『みんな今日から、こいつよろしく』

そういうと、去っていきました

そして、キャッチという
女の子をお店に呼び込む為の

声をかける仕事がスタートします

まあ、これまで童貞で
女の子と
無縁やった男が
捕まえれる訳ないですよね(笑)

ひたすら、声かけても
無視のオンパレード…

ダメですね

抜群のトーク力


そんな中、東京から
来てるAさん

Aさんは僕より3つ上の
21歳で
2ヶ月先輩でした

東京で風俗店のボーイをしてた
みたいで、女の子の扱いには
なれていましたね、

経験人数も当時で140人ぐらいて
言うてましたね

真実は知りませんが(笑)

Aさんは、キャッチが上手くて
どんどん番号、聞いてましたね

見た目はイケメンホスト風では無く

水商売系でしたね
スーツも独特で
ピアスに
髪型はオールバックで
もみあげは、なんか
マジックで長く書いてました(笑)

マジックで、書いてても
言われないと、気づかなかったですね(^^)

でも、キャッチ能力と
トーク力は抜群で
めっちゃ、面白かったですね

そこにいたホストの中で
別格の存在でした

仕事が出来
そこのホストクラブは
3店舗のグループ店やったんですが

ランキング発表の時
そんな経歴、僕と変わらないですが
早い段階でトップ5に
入ってましたね

ホストの上下関係は 
年齢は関係なく
入った順番なんですが

Aさんより、早く入店しなくて
よかったなぁ。て

心底思いましたね(笑)

こんな優秀な人の
先輩になんか、なっても
何も教えれません

キャッチの時にAさんに
ゆう、あれいこうぜ!て
言われ、一緒に声かける事が

1番、勉強になりましたね

何、しゃべってるか
身近で見れるチャンスです(^^)

最初の頃は
Aさんが、喋った事を
リピートしてるだけでしたね

この人、よく初対面で
こんなしゃべれるなーって
感心してましたね

まあ、それでも
人は環境に慣れてくるので、
僕も
徐々に番号も聞けるようになり

キャッチが楽しくなってきましたね(^^)

昼にアメ村に
他のホストとナンパしに
行ったりも、しましたね

女の子と、しゃべるのは
楽しいですね(笑)

一方通行を逆走させる

でも、やはりこの世界の人は
変わり者が多くて

いつも、店の営業が終わり
店の前から
タクシーで
4人で大国町の
ホストの寮まで
帰ってたんですが

帰りの途中で
助手席に乗ってるホストが
コンビニに
ご飯
買いに行くから、ここで
待っててと、タクシーの
おっちゃんに言うんですが

その間
メーター止めといて!
って、言うんですよ(^^)

タクシーのおっちゃん
え!?って感じですよね

そんなん僕は絶対、言えないですね(笑)

それで、95%は
本当に止めてましたね。

さらに、最後の道が
一方通行でそこを走れば
かなり、近道になるので

そこも、ええやん、ええやん。
大丈夫とか、言いながら!

ほとんど行かせてましたね。

まじで、悪い奴ですね

そういえば、Aさんも
寮に一緒のとこ、住んでたんですが

一緒に帰る事
1度も、無かったですね

たぶん、女の子とご飯とか
行ってたんでしょうね

寮に、帰って来る事も徐々に
なくなってましたね

女の子にモテまくる男は。
そして、仕事も出来る男は

完全に僕の憧れでしたね

めちゃくちゃ汚い寮


そして、寮は
超汚いです

真冬やったんですが
常にエアコンつけっぱなしで

布団にダニだらけやったん
でしょうね

背中の肌荒れ
一時期やばかったです

そして、何よりも
真冬やのに
巨大な
ゴキブリが
いましたね(笑)

でも、汚すぎて
絶対おるて、わかってたので

視野に入っても完全スルーです
ほんと、何事もないかのように
スルー
してましたね

のちに新人が入ってきて

ゴキブリみて、めっちゃビビってました
けどね(笑)

そんなん、いっぱいおるでって!
簡単に流した記憶ありますね(^^)

そんな感じで、毎日
刺激的な生活を送り
徐々にホスト生活に
なれて行く

18の真冬の事でした。

人気記事

モテる男達の余裕【その魅力ある特徴を解き明かす】モテ要素は4つ

関連記事